So-net無料ブログ作成

第2話 『浮春の郷』 [夏目友人帳 参]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


0000-3a55c.jpg

牛丼のぉブル~スぅ~

ニャ、ニャンコ先生が何の役にも立ってない…w
相変わらず食べてばっかでしたね。
もうちょっと仕事しろよ……と思ったけど、可愛いからまぁいっか!←
ねこじゃらしにじゃれるシーンが可愛すぎて、もうどうしようかと思いました。
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!つるふかしたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!


では、以下レビューです ↓

01.jpg

「友達の家族のことっていうのは、
どこまで踏み込んで、訊いていいもんなんだろうな」

ここ数日、田沼の父親が唱える念仏が聞こえてこない…?
相手のことを想うあまりに、一歩踏み込めないというのはよくある話。
今まで人と付き合いの少なかった夏目は、
余計にどうしていいのか分かりませんよね。
心配だけれど、迷惑はかけたくない。
友達だからこそ、大切な人だからこそ、傷付けたくない。
結局、田沼の父親は本寺に出張中だっただけで、
夏目の心配は取り越し苦労に終わるわけですが……。

何と、実は田沼も悩んでいました。
彼の前に度々姿を現わす、謎の妖。
瘴気を撒き散らし、自らを刃物で傷付ける姿は、
夏目ほどはっきり見えるわけではない彼からしたら、そりゃもう異様なわけで…。
相談しようかどうしようか迷いますが、迷惑はかけたくないということで、
なかなか夏目に言い出せずにいました。

う‐ん、似た者同士というか、何というか(苦笑)

01.jpg

「俺にとっては、こちらが大切な場所なんです、カナワ」

だけど、その問題の妖…
自分の生まれ故郷────浮春の郷を探すカナワは、悪い奴ではありませんでした。
彼はただ、元いた場所に帰りたかっただけ。
最初から夏目に話していれば、すぐに解決出来たかもしれません。
2人とも互いのことを思いやるあまり、ちょっと遠回りな感じになっちゃいましたね。
でも、おかげで田沼との絆を再確認することが出来ました。
拳と拳を軽くぶつけ合うシーンが良い!

ただ、気になるのは……レイコですね。
夏目と同じように、「俺と一緒に浮春の郷へ来ないか?」と誘われた彼女は、
果たしてどう答えたんでしょうか。
虐げられていても、友達がいなくても、レイコは人間と一緒にいたかったのかな?
やっぱりまだ、人間のことを信じていたかったんでしょうか。
強がっているけれど、本当は寂しくて仕方がなかったんでしょうね。

01.jpg

───────それにしても、サグメは何だか最後まで哀れでした。

確かにサグメのとった行動は、褒められたもんじゃないですが、
彼女もただ、故郷に帰りたかっただけなんですよね。
追放された原因…花の枝を折ったのだって、
恐らく「綺麗だな」と思って、欲しくなっちゃっただけなんだろうし(苦笑)
まぁ、私の勝手な想像なので、実際のところはどうなのか知りませんが……。

01.jpg

とりあえず、夏目の私服のセンスをどうにかして下さいw
まさかコレ、塔子さんの趣味じゃないよね?(汗)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(37) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

たちばな

なるひゃさん こんにちは~。
TB&コメントありがとうございました♪
コメントに来るのが遅くてごめんなさい。

もぉニャンコ先生が猫じゃらしにじゃれるトコ、
めためた可愛かったですよね。
反則ですよアレ。
短い足もジタバタしてて、
私も、つるふかしたいっ!!

とりあえずLaLa全サの抱き枕の先生を
うりうりしときました。(笑)

>う‐ん、似た者同士というか、何というか(苦笑)

そういうトコ、似てるんですよね。
大事だから巻き込みたくないっての。
ニヤニヤしますわー。(変な意味でなく)

>虐げられていても、友達がいなくても、
>レイコは人間と一緒にいたかったのかな?
>やっぱりまだ、人間のことを信じていたかったん
>でしょうか。
>強がっているけれど、本当は寂しくて仕方がなかった
>んでしょうね。

これは私もそうだと思います。
半ば絶望していても、
やはり完全に諦める事は出来なかったと思う。

>とりあえず、夏目の私服のセンスをどうにかして下さいw
>まさかコレ、塔子さんの趣味じゃないよね?(汗)

親戚たらいまわしの頃は、服買ってもらうのも
遠慮してたと思うんですよ。
幼い頃などは、その家の子のお古とかも着てたりしたんじゃないかな。
(これはあくまでも想像です↑)
だから夏目って、服装のセンスとか、
皆無なんじゃないかと。
同じようなモノがあっても、きっと夏目は安い方を
取るだろうし、デザイン云々言ってられなかったんじゃ…と
これも想像です。(笑)

実際は…緑川先生の趣味かも(汗)
原作でもこんなですから。

by たちばな (2011-07-17 09:24) 

なるひゃ

橘さん、こんにちは。
こちらこそ、コメントありがとうございます!

>とりあえずLaLa全サの抱き枕の先生を
>うりうりしときました。(笑)

羨ましい……いいなぁ、私も抱き枕ほしいなぁ。
Amazonで抱き枕ではないけれど、
それと似たような商品で、ジャンボぬいぐるみなるものを発見したので、
思わず買いそうになってしまいました(笑)
ニャンコ先生の可愛さは、止まることを知りませんね。
短い足も、肉球も、真ん丸な体も全部可愛い!

>そういうトコ、似てるんですよね。
>大事だから巻き込みたくないっての。
>ニヤニヤしますわー。(変な意味でなく)

BLはどちらかと言えば好きな方なんですが、
夏目と田沼と関しては、私も健全な意味でニヤニヤさせてもらってます。
何か、そういう気が起こらないというか…。
腐った目で見るのは、この作品に対して失礼ですよね。
まぁ、どの作品もそういう風に見なきゃいけないんでしょうけど、
とりわけ夏目友人帳はそう思ったり…。

>親戚たらいまわしの頃は、服買ってもらうのも
>遠慮してたと思うんですよ。
>幼い頃などは、その家の子のお古とかも着てたりしたんじゃないかな。
>(これはあくまでも想像です↑)
>だから夏目って、服装のセンスとか、
>皆無なんじゃないかと。

なるほど……。
辛い過去があった故に、ああいう服装になってしまうと。
もしそうだとしたら、あんまり笑っちゃダメですね(苦笑)

>実際は…緑川先生の趣味かも(汗)
>原作でもこんなですから。

────って、何だってー!?
原作の方もそうなってたんですか(笑)
う‐む、やっぱり何か意図があって、
センスがない服を着せてるんでしょうか…
こういう細かいところを想像してみるのも、楽しいですね!
by なるひゃ (2011-07-17 13:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 37

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。