So-net無料ブログ作成

第1話 『妖しきものの名』 [夏目友人帳 参]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

ニャン パラリッ!

どうにも余裕がないので、感想を書くのはやめようかと思ってたんですが 、
やっぱり観たら書きたくなっちゃいましたw
いや‐、ホントに癒されますねぇ…。
今回はアニメオリジナルの話なのかな?
初見の人でも分かるよう、友人帳や藤原家の説明が入ってたりしましたね。
でも、変に説明的にならず、上手く『魅せて』くれていたと思います。
そして、何よりニャンコ先生が可愛かった!←
ニャンコ先生が何か物食べてる姿は、最強です。

01.jpg

3期のOPとEDも良かったですね!


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「俺のです。俺のなんです。とても大事な─────」

ある日、庭先で影茶碗という妖を目撃した夏目。
何でもその妖は、その家に災いが訪れる時、家中を走り回って知らせたり、
気まぐれに身代わりとして災厄を受けてくれるんだとか。
この『気まぐれに』ってところがいいですね。
夏目が咄嗟に、天井から落下した影茶碗をキャッチしたところから、
今回の物語…そして、『出会い』は始まります。

そうそう、出会いと言えばもう1人。
今回の話に欠かせないのが、社持ちだという老婆の姿をしたこの妖。
名はアオクチナシ。ちと強引なところはありますが、なかなか憎めないキャラです。
「来ちゃった♡」って言ったシーンが、可愛かったw
見た目はこんなんですが、神格ということもあり、結構強い力を持ってるみたいですね。
小物ならば、触れただけで祟りを受けてしまうんだとか。
そのため、彼女の友達は老木だけ……。
彼女がレイコや夏目と出会ったのは、必然だったのかもしれませんね。

01.jpg

寂しい者同士。

強い力を持ってしまったために周りから敬遠され、孤独を味わってきた3人。
この作品で私が「良いなぁ」と思うところは、
人間と同じように妖にも心があるということが、きっちり描かれている所。
影茶碗のような喋れないキャラでも、それがちゃんと分かります。
目は1個しかないし、足生えてるし、
正直最初見た時は気持ち悪いと思ったんですけどね(苦笑)
でも最後、夏目の身代わりになって粉々に割れてしまった姿を見たら、
ちょっと申し訳ない気分になりました。

01.jpg

この後の、夏目の台詞も良いですよね。
ほんの少ししか関わってないけれど、身を挺して庇ってくれた影茶碗のことを、
心の底から感謝してるってのが伝わってきます。
ニャンコ先生は、アオクチナシの言う通り、あんまり役に立ってなかったですけどw
っていうか、さり気に「おまんじゅう」とも言われてましたよね。
丸っこい方が可愛いけど、流石に食いすぎだぞ…。
今回だけで、すき焼き、アイス、煎餅、梨牛乳(飲み物)の4つ食べてましたから。
そのうち、元の姿の方も丸っこくなるぞ!

01.jpg

「勝手にやって来て、勝手に去っていく者達。
でも、一度でも触れ合ってしまったら、それは誰に気付かれなくても、
心を支え続ける大事な出会いなんだ」

関わったから縁が生じるのか、縁があるから関わるのか…。
どちらが正しい順番なのかは分かりませんが、
どんな些細な出会いでも疎かにしちゃいけませんね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(39) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 39

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。