So-net無料ブログ作成

花咲くいろは‐第2話 『復讐するは、まかないにあり』 [その他]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。

01.jpg

よく言った、緒花!

民子の「死ね」って台詞が不快でしゃーなかったんですが、
今回でそれも終わるかな?
緒花が彼女にビシッと言ってくれたおかげで、ちょっとスッキリしましたw
皆が皆そうとは限らないんだけど、
最近の子は友達同士でも、「死ね」って言ってたりしますしね。
民子も、別に本気で言ってるわけじゃないんでしょうけど…。
どうも、そこら辺の感覚がおかしくなっちゃってるよなぁ。

01.jpg

まぁ、それはさておき…背景がホントに綺麗ですね!
ちょっともったいない気がしたんで、上の2枚だけ画像のサイズを大きめに~。
普段は、ブログの保存容量を気にして、画質とかも下げてるんですが、
今回は…今回だけは、最高画質な感じで行きたい!←
ハハハ、我ながら凄いケチだぜ。

……どうしよう、いっそ有料プランにでもしちゃおうか。
と、本気で悩む今日この頃。


では、以下レビューです ↓


「従業員として働きながら高校に通うこと」と、
祖母である四十万スイ(しじま・すい)から厳しく言われ、
スイが経営する温泉旅館“喜翆荘”で、新たな生活を歩み始めた緒花。
それは思い描いていた生活とはほど遠い世界だった。
だが彼女は、板前見習いとして住み込みで働く鶴来民子(つるぎ・みんこ)や
同じ仲居の押水菜子(おしみず・なこ)をはじめ、
喜翆荘で働く従業員たちと打ち解けようと孤軍奮闘。
しかしその頑張りが裏目に出てしまう。


01.jpg

「人に頼らず、自分を信じる」

今までずっと、誰にも頼らずに生活してきた緒花。
自分が良かれと思ったことを、そのまま実行してきた彼女だけど、
逆にそれが迷惑になっちゃうこともあるんですよね。
まかないを作ったり、次郎丸がいない間に部屋を掃除しちゃったり……
案の定、今回もトラブルが発生(汗)

女将に怒られ、「無駄なやる気は邪魔になるだけだ」なんて言われちゃいました。
まぁ、元々「悔しいから」って理由だけで動いてましたし、
もう、その時点で上手くいくとは思えない。
それと、仕事は成果を出せなきゃ意味ないですもんね。
確かに緒花は頑張ってると思うけど、全部空回りしちゃってる。
「邪魔」って言われても、仕方ないですよ。

01.jpg

さて、そんな緒花を、買い出しに付き合わせようとする徹。
市場に向かう途中の車の中で、彼は彼女にこう言います。

「それじゃ、自分に期待できんのか。
自分のことは全部自分でって、それが出来るタマか、お前?」

周りには期待しない。そう決めて、生きてきた…。
「二の腕太い」とか「友達いないだろ」とか、
何かにつけ一言多い上に、痛いところまでついてきましたね。
思わず「死ね」と呟いてしまった緒花が(苦笑)
その後、危うく自分が死にそうになり、すぐに考えを改めてましたけどw

01.jpg

「〝死ね〟はやめようよ!
それで本当に私が死んだら、後味が悪いよ?
もっとちゃんと言葉を選んだほがいいよ」

「死んじゃ駄目だ。そういうのはよくない!」と思った緒花は、
早速その考えを民子に伝えに行きます。
口下手だからっていうのは、理由にならないですよね。
そして、更に「人に期待しないのもやめる」と宣言!
2人のことを知るために、押し倒して嫌いな食べ物を訊いちゃうのは、
流石にやりすぎな気もしますが、
彼女の真っすぐさが伝わってくる良いシーンです。

─────それに引き換え、次郎丸の汚いことw

01.jpg

1か月も宿代踏み倒した上に、原稿がなくなったのを緒花のせいにするなんて…。
私好みのキャラだわ!本当にありがとうございました!←
声が諏訪部さんなのも、ポイント高いですよ、ええ。
これでロリコン属性なんかがついたら、なおさ…いえ、何でもないです。

で、次回のタイトルなんですが、『ホビロン』って!
なるほど、孵りかけの…アレですか。
これまた面白いタイトルですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(49) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 49

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。